2013年02月10日

グーグルアースで自衛艦の位置が解る

もう2、3日前のお話なのですが、
民主党の原口一博元総務相が国会で表題のような発言をしていましたね
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130208-00000007-jct-soci
結論からすると、グーグルアースでもグーグルマップでも
自衛艦の位置なんか解らないのですが、
船の位置をリアルタイムで表示するサービスは実はあります

国際VHFアイコム IC−M72J 新品箱入り 即納
国際VHFアイコム IC−M72J 新品箱入り 即納


グーグルマップのAPIを利用したWebサービスを使えば、
世界中で運行している船舶の位置や動静を、自宅の机や布団の中にいながらにして知ることができます
Ship Finderが提供している船舶動静表示サービスがあるのですが
このサービスでは「AIS」(Automatic Identification System)と呼ぶシステムで利用するデータをオンラインWebマップに“ほぼ”リアルタイムで表示するものです
このサイトにアクセスすれば、艦船の位置を把握することは可能です

というわけで、世界の軍艦の位置はGoogle Mapsで分からないわけではない??

Marine Trafficでは、AIS情報を利用してリアルタイムで船舶位置を表示する「ライブマップ」のほかに、世界中でAISデータを受信している船舶をリストにして表示する機能も用意しています
ここでは、船舶名や船の種類で検索することも可能です
そして船舶種別を「特殊艇」にして、「船舶種別」でソートしますと
およそ6ページ目あたりから「軍用船」のリストを確認できるのです
ここを利用すれば、世界中の海域で行動している軍艦の情報を把握することが可能であるとも言えそうです

だがしかし、このサービスは陸上の施設で受信できるAISデータを利用するために、
沿岸を航海する船舶の動静把握に限られます
そして、主に500総トン以上の内航船と300総トン以上の外航船(それとすべての外航旅客船)に搭載と運用が義務付けられているのですが、
この対象外でAISデータを発信していない船舶は表示できません
なお、海上自衛隊艦船と海上保安庁船艇はAISを搭載し、船舶輻輳海域では積極的に運用している

でも海上自衛隊の広報室では、こう発言しています
「確かに、護衛艦がAISの送信をオンにすれば、リアルタイムで位置確認ができます。
しかし、受信だけして送信しないことも多く、送信するのは、
沿岸地域などで船の往来が多いといった危険なケースです・・・以下略」

前述のニュース記事より引用

との事なので、まぁ原口一博元総務相の言ってる事は全くわかっていないと言わざると得ません
相変わらず野党となった民主党はホント適当です(与党時代もそうですねww)

はがない 僕は友達が少ない HGフィギュア 羽瀬川小鳩 単品
はがない 僕は友達が少ない HGフィギュア 羽瀬川小鳩 単品
posted by 裸の錬金術師 at 00:00| Comment(0) | オタクのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。