2013年01月31日

ジンバブエがヤバい、国庫残額が217ドルに


ジンバブエと言えば、ものすごい勢いででハイパーインフレが起こった国として有名ですね。
もはやドラゴンボールか何か?と聞きたくなるような感じです。

そんなジンバブエが、自国の通貨であるジンバブエドルを発行停止したのが2009年。
現在はこうなってしまっている。
ジンバブエ「国庫残高217ドル」の焦り

217ドルって2万以下ですよ…いや僕の貯金なんかよりは多いですけどね!?
理由が「先週の公務員の給料払っちゃったから☆(ゝω・)vキャピ」っていうのもかなりアホらしいとおもいます。




これを書くにあたって懐かしさを感じて、少し調べましたがもう5年とかそれぐらい経ってるんですね。
ウィキペディア見てると桁数が多くてなんだかワクワクします。
ジンバブエ・ドル
というか10兆、20兆、50兆、100兆紙幣とかいつ使うんだろう、と思いましたがその半月後に12桁(1兆)のデノミネーション(通貨の引き下げ)してるんですね。
この100兆ジンバブエドル紙幣が100ジンバブエドル紙幣と同じような価値になるわけです。
さらにさらにその半年前には10桁のデノミネーションをしてますし。
そりゃあこんな通貨が長続きするわけがない、2009年に無期限の発行停止をしています。

最終的には非公式ながらインフレ率が年率6.5×10^108%だと書かれてます。
これは1日ぐらい経ったら価値が2倍になってる、という恐ろしいことに。
「あ、明日買おう」とか思ってたら全然お金が足りなくなったでござるの巻。
やはり大きい数字をみるとオラワクワクするぞ。





posted by Dotter at 22:00| Comment(0) | オタクのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。