2013年01月26日

【お絵かき講座】中級者向け、動物の顔の描き方

1208.png1209.png

動物の全体像を把握することができたら、次は細部にこだわりましょう。

一般的に、人間の顔よりは動物の顔を描く方が難しいとお絵かきする人々から言われているようです。

おそらくですが、動物の顔の方が人間の顔より難しいと感じるのは、構造の把握をしていないからです。
その場合、人間の顔の構造も把握できておらず、なんとなくで描いている場合が多く、結果として、キャラの書き分けなどができなくなります。

この記事では、構造把握を意識しつつ、動物の顔を描いていきましょう。


◯構造把握
基本的には人間の顔と同じく、アタリを付けますが、人間のそれと各部の大きさ、形がちがってきます。
図鑑なをどよく見てアタリをとっていきましょう。
構造を把握してないのにイキナリ書き出せば、よく分からない生き物の顔をかいてしまうか、人間の顔が出来てしまいます。
1201.png
いつものように四角でとって
1202.png
バランスを見つつパーツを並べます。
最初から一発で出来る人はいません。うまくいくまで根気よくやってください。

1203.png
ロリ顔とBBA顔の書き分けと同じく、
たとえば、バランスを変えることで、このようにロリとか爺とかかき分けることができて便利。
まだ見てない人は、こちら↓の講座も目を通しておくといいでしょう。
http://koreota.seesaa.net/article/294911872.html#more



◯色塗り

影をぬっていきます。
1204.png
構造を把握していないと、とても変な影になりますので、ここに入るまえに構造を把握していないといけません。

1205.png1206.png
色を塗って、模様を入れていきます。

1207.png1208.png
目を入れたり微調整したり、細部を詰めて完成させていきます。


どうでしょう。
それなりにトラにみえてればいいんですが。
1209.png1210.png
構造を把握していれば、応用で横顔やトラっぽいバランスの顔など、いくらでも描けるようになります。
暇な時などに挑戦してみては!
posted by これオタ講座 at 19:24| Comment(0) | オタクのお絵かき講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。