2013年01月23日

日本アカデミー賞の優秀アニメーション作品に『ONE PIECE FILM Z ワンピースフィルム ゼット』など

1月22日、第36回日本アカデミー賞の各優秀賞が発表されました
優秀賞はいずれも5作品もしくは人物が選ばれるのですが
このうち長編アニメーションを対象とする優秀アニメーション作品賞には、
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』
『おおかみこどもの雨と雪』
『ももへの手紙』
『friends もののけ島のナキ』
『ONE PIECE FILM Z ワンピースフィルム ゼット』が決定したました

ONE PIECE エピソード オブ ナミ 航海士の涙と仲間の絆 (初回限定版) [DVD]
ONE PIECE エピソード オブ ナミ 航海士の涙と仲間の絆 (初回限定版) [DVD]




日本アカデミー賞にアニメーション作品賞が新設されたのは第30回の2007年度からで、つい最近のことであるのですが
こちらは作品のみが対象で監督、脚本、音楽については従来通り実写作品と共に選考されています
つまりは実写映画のスタッフと共に選考されると言う事です
実際『踊る大捜査線』で監督の本広克行さんは、現在放送中のアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』で総監督を務めていることでも知られているとおり映像の世界で実写とアニメは日本では非常にシームレスなものとなっているようです
そして今回アニメーション作品賞の優秀賞に選ばれた作品は5作品どれも話題作品であるのが、昨年公開の映画作品数が多かったのもあり激戦となっていたのがわかります
なかでも『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』と『ONE PIECE FILM Z ワンピースフィルム ゼット』はそれぞれ11月、12月の年末、つい最近の公開作品でもです
一方で、興行的大きな大作映画が多くなっています 2012年は小規模な劇場公開も多かったのですが、
今回はそうした作品は入りませんでした
実はこの結果を見て、『魔法少女まどか☆マギカ』が入っていないじゃないかっ! と憤慨されると思われると思いますが、やはりまだまだ『魔法少女まどか☆マギカ』は一般的ではなかったようですね
2013年もまだ始まったばかりですが、今年も去年以上に劇場版アニメーションが盛り上がって欲しいものだと思います

ワンピース 1000ピース 空島スカイピア 1000-313
ワンピース 1000ピース 空島スカイピア 1000-313


ラベル:ワンピース
posted by 裸の錬金術師 at 20:00| Comment(0) | オタクのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。