2013年01月23日

アタリ(ゲーム会社)がまた倒産www

アメリカのゲーム会社「アタリ」(ATARI)は、1月21日付でニューヨーク州南部の連邦破産裁判所へ破産法第11章(日本の民事再生法に相当)を申請したことが明らかになりました。

そう、アタリ社がまた飛びました。

知らない人のために説明しておくと、アタリ社というのは人類で始めてゲーム専門で食っていくことに成功した企業で、数々の伝説を残す企業です。
たとえば史上最速の発展速度とか、40人目の社員がスティーブ・ジョブスだったとか、絶頂期から一気に絵に描いたような没落の仕方をしたとか、面白い話には事欠きません。

そんなAtariといえば、かつての倒産の原因ともなった伝説のクソゲー「E・T」。
一部コアなファンもいるということで、人生が終わるまでに一度はプレイしてみたいなとおもっています。


さて、そのアタリ社がまた破産したということで、最近はどんなクソゲームをつくってんのやらと調べてみたところ、
どうやらフランス系の資本に買われて、ロゴと名前だけで生き残って、パブリッシャーとして活動している様子でした。
売り出すゲームも、僕個人の感覚で言ってしまうと、二級線というか三枚目というか、いまいちぱっとしません。
ロゴがメッチャカッコいいところと、なんかユルくて気楽そうな社風(完全にイメージだけで語ってます)は
、なんか実にいいですね。
それ以外は、30年も前の遺産を未だに食い続けている感じがするという、なんとも。。。まあ、言葉にし難い哀愁というか、ゆるやかさというか、そんな印象をうけます。

Atari Classics Evolved(輸入版)
Atari Classics Evolved(輸入版)

なんかの間違いで、また奇跡の復活をしてくれたら面白いなあ、なんて期待させてくれるのもアタリ社のいいところ。
三度目がこないように祈りましょう。


posted by これオタ講座 at 18:00| Comment(0) | オタクのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。