2013年01月22日

3000シリーズ


こんにちは、スネ夫狩り二世です。

さて、先ごろ中国は北京で、非常にどきたねえ空気があふれて人民が怒りをあらわにした みたいなニュースがネット界隈でひろまっていました。
記憶に新しい方もいらっしゃるかと思います。

そのニュースをみて、現代においては空気ですら希少な資源になりつつあるんじゃないかと、わたくし、不安にだけはおもいました。

水を求めての水戦争どころか、空気を求めての空気戦争なんてのが発生した日には、喧嘩に弱い僕なんて第一空挺団に放り込まれた微笑みデブみたいになりかねません。
「お前みたいなカスに吸わせる空気がもったいねえ!」ってことになるわけで、どんなに山奥に逃げ込んでも、誰にも迷惑をかけなくても、ただ生きているというだけで敵認定されて吊るされる危険が出てきます。

そこで、野蛮な世紀末的争いに巻き込まれるまえに、いざとなったら僕一人だけはそれなりに焦らずにいられるよう、心の平穏を求めて買ってしまいました、防毒マスクを。

このタイプのやつです。↓
防毒マスク M/E GM77
防毒マスク M/E GM77

家に届いてさっそく、鏡の前で装着し、一通り楽しんでみました。

その結果ですが、かなりの効果があることが分かりました。

まず第一に、これをつけてると外の匂いがまったくしません。
このマスク自体はゴムのにおいをごまかすためか、軽ーく香水のようなフローラルなにおいがつけてありますが、付属の墨の缶と薄いシートを装着し、それを通過した空気の中には、何のにおいもしなかったのです。

普段なんとはなしに感じてる自分の体臭とか、家のなかに一週間放置してて、冬とはいえさすがにそろそろ食わないとヤバめのリンゴが出してるエチレンのにおいとか、生乾きの靴下のにおいとか、いろいろ試してみましたが、
本当に、マジで! なにもにおいを感じなくなります。

そして、マスクは息を吐くときに音がするもの ということも分かりました。
空気のもれないめがねもつけると、気分はダースベイダーです。 
あいむゆあふぁーざー!!!のーぅ!!!



フルアーマー枝野とかが流行ったときには値段も高めでしたが、今時は数千円の価格でそこそこ本格的なマスクが買えちゃいます。
こういう業務用のものは国際規格などが厳密に存在するので、映画のAVATERに出てきたような奴なんかも、ほとんど同じ感じで売ってたりします。
明日からこのマスクをつけて出勤して、反応が面白かったらもっと本格的なのも買って検証しようかなと思ったりしています。
どうか職質されませんように、、、
タグ:ミカンの皮
posted by これオタ講座 at 18:00| Comment(0) | オタクの生活講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。