2013年01月20日

【新世界より】PK能力者KOEEEEE!!!

0.jpg

ちわ、スネ夫狩り二世です。

【新世界より】というアニメ、ご存知でしょうか。
元はかなり有名な小説らしいです。
しかしスネ夫狩り二世は不覚にもそのころアメリカ小説にハマっていまして、スルーしてしまい、いまさらながらに後悔しているところです。

あらすじを簡単に紹介さしてもらうと、いわゆるデストピア物です。
舞台は1000年後の日本。
TRPGでいえば、パラノイアのような世界、といえば分かる方もいらっしゃるかもしれませんZAPZAP

お話はとある女性の回想という形をとって進められていきます。

このアニメのなにが良いかというと、作者さんの趣味なのか、社会性の描画が細かいところなんですねえ。
上のAAのように、ザックリとしたわかりやすい悪というものはこのアニメでは登場しません。
しかしながら、やってることは大差ないのです。
ストーリーの根源に存在するリアルな愛憎と恐怖がどこから来るのか、と、人が疑問に思ったとき、するりと現実社会に対する新しい視覚が、2Dの画面を通して視聴者の脳に入り込んでくる。 これはそういうコンセプトを持つアニメなのだと思います。

特に注目したのは、国立国会図書館つくば館(ミノシロモドキ)の生態やハゲネズミの社会の描写。
生命というものを上手く描写できていて、個人的にわりと圧巻でした。
また、私達とはほんのちょっとだけズレた人類としての主人公や、その社会の仕組みが面白い。
ボノボるところもそうですが、子を間引くことや、情報統制など、割と危ない描写がいろいろあって楽しいです。

お暇なら一度ご覧になってみてはどうでしょうか。

新世界より(1) (講談社コミックス)
新世界より(1) (講談社コミックス)
タグ:新世界より
posted by これオタ講座 at 18:06| Comment(0) | オタクのマンガ・アニメ講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。