2013年01月16日

【第六回】日本メーカーの携帯型ゲーム機を紹介!【ゲームボーイアドバンス】

第六回目の今回――紹介するはこちらです!
【ゲームボーイアドバンス】
ゲームボーイアドバンス ミルキーブルー【メーカー生産終了】
個人的に思い入れが強い作品です。
人気シリーズの次世代機の登場です!

【ゲームボーイアドバンス】は2001年に任天堂が開発した携帯型ゲーム機である!
前回の【ゲームボーイシリーズ】の完全次世代型携帯ゲーム機ですね。
【ゲームボーイ】のソフトとは99%以上の互換性があり、Rキー、Lキーで横の大きさを変える事も出来ましたね。
初めてソフトを見た時は小さくてびっくりしました、それなのにストーリーが長く楽しめる作品も多いですね。

発売当時の値段は9,800円、その後8,800円となり、売上は日本で1,696万台、世界で8,151万台とヒット作になりました。
付属品も多く有り【ポケットモンスターファイアレッドリーフグリーン】ではワイヤレスアダプタなど付いてきました。
通信=コードと言うイメージがすごくあったのでこの時は本当に驚きましたね!
しかし大半のソフトは普通のコードで通信可能だったので余り普及はしませんでした……
しかし後の技術に行かされるのは間違いありません。



ソフトは【ポケットモンスター ファイアレッドリーフグリーン】【ロックマンエグゼ】など現在でも続編が出ているソフト、続編希望の多いソフトなど
非常に多くのキラータイトルが生まれました
自分も【ロックマンエグゼ】の続編を待っています。(望み薄だろうなぁ……)

バトルネットワーク ロックマンエグゼ

もう10年以上前のソフトがかなりあるので、お近くのお店で探してみてはいかがでしょう?
では、今回はこの辺で!



posted by 流星の俺 at 22:00| Comment(0) | オタクのゲーム講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。