2013年01月14日

シムシティシリーズ最新作は3月7日発売、初代シムシティの開発元のマクシスが開発するのは10年ぶり


全世界の市長が待っていたと思われる、シムシティの最新作の発売が近づいて来ました。
シムシティ4の発売は2003年1月だったのでちょうど10年ぶりです。



ワクワクしてきたあああああああああああ!

EA BEST HITS シムシティ4 デラックス
エレクトロニック・アーツ (2011-03-17)
売り上げランキング: 81



シムシティって何?って人に簡単に説明すると。
あなた(プレイヤー)が市長になって町を作っていく。
好きなように作れる、好きなように壊せる。
こんな感じです。

しかも今度のシムシティは、初のマルチプレイ対応です。
自分の作った町と人の作った町が互いに干渉し合う、まさしく現実と同じような町のシステムです。
違う地域から観光客も来る、もしかしたら向こうの地域から移住してくる人もいるかもしれない。
電気が足りないのなら分けてもらう(売ってもらう?)ことも出来る。

さらに、開発元のマクシスはこのシムシティの為に新たなエンジンを開発しました。
新エンジンの名前は「GlassBox」、僕がああだこうだと言うよりも実際に見てもらったほうがよくわかると思います。

動画内では自由な曲線で道路を作り、その道路に合わせて住宅地を用意しています。
それに町に住んでいる市民たち(シム)が実際に生きているように不満を言い、仕事をし、目的のために動きまわります。
あれ?俺よりよっぽど人間らしくね?

ギャンブルに特化した町、学校などを作って教育、研究に特化した町、シムシティはそれを可能にします。
しかし、ひとつご注意を。
シムシティでうまく行ったからといって「俺も市長選に立候補するかー!」などとは思わないことです。

過去にそんなことを思って、色々調べて「あ、ムリだ」と思った愚かな男がここにいるのだから。

公式ホームページはこちら
http://www.ea.com/jp/sim-city
推奨スペックなんかも見れるのでプレイ出来るかどうか見てみるのもいいかもしれません。
僕?
・・・・・・シムシティの為に買い換える予定です!





posted by Dotter at 00:00| Comment(0) | オタクのゲーム講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。