2013年01月12日

【PC講座】キーボードを活用する効率術を紹介します


前回キーボードの不人気なキーについて使い方を解説させていただきました。
今回はキーボード操作をメインにすることで作業効率をアップさせる方法をご紹介させていただきたいと思います。

骨子としては、
■ファイルの選択
■Ctrlキー及びShiftキーの有効活用
■便利なショートカットキー
の3本仕立てとなります。
これを知っていると知らないではまさに月とすっぽんです!

私がキーボード操作で多くの作業を行いたいと思ったのが、学生時代の頃です。
当時は、まだそれほどPCが普及しておらず、何かあったら知り合いのエンジニアに訪問して貰って、いろいろな設定を行っていただいていました。
その際、そのエンジニアのPC操作がキーボードをパチパチと叩いて色々な事をしていました。
マウスを使うのは必要なごくわずかのみ!
それを見た私はカッコイイと思いました。
それに憧れ、しばらくはキーボードをメイン操作とするように意図的にマウスを封印していた時期がありました。

実際にキーボード操作に慣れると作業効率が格段にアップしたことを実感しました。
その中で、これだけ知っていれば効率が最低でも20%はあがるんじゃないか?と思うものをピックアップしました。

フォルダ名は半角英数から始めるべし!
皆さん、フォルダ名を付けるときは「画像」「音楽」など日本語を使用している事が多いと思います。
これを「images」や「music」などの英語表記にしてみてください。
そうするとどういうメリットがあるのか?
それは、キーボードでフォルダを選択することができます!
どういう事かというと、試しに「マイ ドキュメント」を開き何らかのフォルダを作成して名前を「folder」としてください。
そして、他のファイルやフォルダを選択状態にしてキーボードの [f] キーを押します。
すると、先ほど作成した「folder」フォルダが選択状態になっていると思います。
その状態で [Enter] キーを押下すると、「folder」 フォルダが開かれます。

このように、フォルダ名(ファイル名も同様ですが)の先頭が半角英数であれば、そのキーをタイプすると、そのフォルダにジャンプすることができるのです。
これは、深い階層に潜るときや、フォルダやファイル数が多くなったときに効果を発揮します。
例えば「music\1.お気に入り\akb48\」というフォルダがある場合は、
[m] → [Enter] → [1] → [Enter] → [a] → [Enter] と押すと「akb48」のフォルダを開くことができます。
マウスでいちいち目的のフォルダを探してクリックするより遥かに効率的です。

もし、同じ頭文字のフォルダが複数ある場合は2文字目も続けて素早くタイプします。
例えば「music」フォルダと「movie」フォルダがある場合は、[m] → [u] と素早くタイプすると「music」フォルダが選択状態となります。

これは馴れると非常に便利ですので、是非フォルダ名は半角英数から始めるようにしましょう。
※このテクニックはたしか Mac OS X でも使えたはずです。

これに加えて、前回紹介した [F2] キーやアプリケーションキーなどと組み合わせれば、マウスなんてほとんど必要ありません。

[Ctrl] キーや [Shift] キーを活用すべし!
今の人たちはブログや twitter などで、文字を入力する機会が何かと多いかと思います。
そんなにとに覚えて欲しいのが、[Ctrl] キー及び [Shift] キーの機能です。
長い文章を打つときに『この言葉は別の場所に移動させた方が良いかな?』といった具合に細かな編集を行うことはよくあると思います。
例えば「最悪だー。寝坊したー。」という文字を打った後、やっぱり「寝坊したー。最悪だー。」と文字を入れ替えたいとします。
この場合皆さんならどうしますか?
おそらく多くの人が、マウスで選択して、切り取りをして、貼り付けで場所を変更するのでは無いでしょうか?
こんな時でも、[Shift] キーを使えばいちいちマウスに持ち替える必要はありません。
”寝坊したー。”の後にマウスカーソルがある状態で、[Shift] キーを押しながら [←] キーを数回タイプしてください
すると、選択することができますよね?そのまま [Ctrl] + [x] で切り取り、貼り付けたい場所にカーソルを移動させて [Ctrl] + [v] で貼り付ければ良いのです。

これは、[Shift] キーの範囲選択という役目を利用しています。
複数行入力しているときは、[Shift] キーを押しながら [↑] キーを押す等も試してみてください。範囲選択が効率よくできるかと思います。
[Shift] キーを使った範囲選択はマウス操作と組み合わせることができます。
[Shift] キーを押したまま他の文字をクリックすると、そこまでの区間を選択することができます。
また、ファイルを選択する場合も同様に使用できます。

ここまでは [Shift] キーの話。次は[Ctrl] キーについてです。
テキストを選択する際に、[Shift] キーと併せて [Ctrl] キーを押しておくと、単語単位に選択することができます。
※選択でいる単位の判定はアプリケーションの仕様により異なります。
長い文章を打ったときなど、カーソルキーをタイプする回数を減らすことができます。

なお、ファイル選択時は [Ctrl] キーを押しながらファイルを複数クリックすると、複数選択ができます。
まぁ、これは知っている人は多いでしょう。

[Ctrl] キーについては面白い使い方がまだあります。
それは、インターネットなどを開いて、[Ctrl] キーを押しながら文章をダブルクリックしてみてください。
単語の選択状態になったかと思います。
これを活用すると、わからない単語を検索するときに便利ではないでしょうか?

便利なショートカットキー!
[Alt] + [Tab] でウィンドウの切り替え、[Ctrl] キー + [C] でコピー等を使用している人は割と多いはず。
もっと色々ショートカットを覚えましょう。

私がオススメするのが、ウィンドウズショートカットです。
[Windows] キーとの組み合わせによるショートカットを私はこう呼んでいます。
私がよく使うウィンドウズショートカットキーは次の4つ

■[Windows] + [d]
私は「ボスがキタ!ショートカット」と呼んでいますwww
このショートカットを押すと、全てのウィンドウが最小化されます。
仕事中上司が来たときや家で親が来たとき等、あまり見られたくないウィンドウを開いているときはこのキーを押すと幸せになれます。
[Windows] + [m] でも同じ事ができますが、 [Windows] + [d] の方が、もう一度押すと復元できるという特徴があり便利です。
※もしかしたら [Windows] + [m] は Vista や 7 では機能しなかったかも、今手元に環境が無いのでわかりませんが

■[Windows] + [r]
「名前を指定して実行」ダイアログの表示を行います。
「名前を指定して実行」を表示して「mspaint」や「excel」などと入力して [Enter] を押すとペイントやエクセルが起動するので便利です。
いちいち「スタートメニュー」を開いてアプリケーションアイコンをクリックする必要はありません。
他にも「notepad」や「calc」で、メモ帳や電卓が起動できますので、色々探してみて覚えておくと便利です。
また、フォルダやファイルを開くときにも重宝します。
「D:\hogehoge」などフォルダ名や「D:\foo.txt」等、フォルダ名やファイル名を入力すると開くことができます。

さらに応用!
環境変数も利用できます。
環境変数とは「別名」みたいなもので、例えば %userprofile% や %programfiles% などがあります。
環境変数なども調べてみてください。

■[Window] + [e]
エクスプローラの起動(マイコンピュータの表示)です。
それだけですが、C:ドライブを開きたいやD:ドライブを開きたいってときに大変便利です。

■[Window] + [l]
このキーを押すと画面ロックすることができます。
画面ロックとは Windows のログイン画面ですね。
私は、画面ロックをするのって、セキュリティの他に礼儀って要素もあるかと考えています。
仕事などで離席する場合、画面ロックを行っていないと近くを通った人の目に、ドキュメントやメールなど機密文書が写ってしまう場合がありますよね?
それにより何か不都合が生じることもあるかもしれません。
小さな事ですが、そこはPCを管理・使用している人の配慮でどうとでもなる所です。
離席する際に [Windows] + [l] を押すだけなのですから・・・


オススメするウィンドウズショートカットについては以上です。

今回も記事の長さの割に内容はたいしたことは無かったかもしれません。
多少読みにくい記事になってしまったことも反省してます。
それでも、一つだけでもあなたの役に立つ技が書けていれば幸いです。




アプリケーション固有のショートカットなども覚えると仕事効率がアップしますよ。
例えば Word では [Shift] + [Ctrl] + [<] or [>] でフォントサイズの変更。
Excel では [Ctrl] + [d] で上のセルのコピーなど。
posted by たなん at 22:00| Comment(0) | オタクのパソコン講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。