2013年01月09日

【PSVITA】初音ミク -Project DIVA- f 紹介



どうもかみくずです。寒いよー。
こんな日はあったかいココアを飲むに限るね。

PlaystationVITAには様々なアプリをインストールできて、
Twitter、Youtube、ニコニコ動画、目覚まし...と色々あります。
かみくずは↑の中ではニコニコを使ってみてとても感動しました!
無料なので試しにDLしてみるのもいいかもです。

さて、今回の紹介は「初音ミク -Project DIVA- f」。
2012年8月にセガから発売されました。
初音ミク -Project DIVA- f

興味を持たれましたら続きからどうぞ。
初音ミク、といえばおなじみ電子の歌姫。
言ってしまえばただのDTM(音楽制作)ソフトなんだけど
クリプトン社考案のキャラクターと、その独特の声が
とても人気を博しました。

知名度はどんどん上がっていき、今じゃ好き嫌いはともかく
名前を知らない人はあまり見かけなくなりましたね。
コンビニやスーパーのBGMで流れていたり、最近では
テレビ局なんかでも特集を組んだりしていますし。


そんな初音ミクですが、音ゲーになっちゃってました。
PSPから2009年7月に発売されたのが始まりです。
初期のころの写真がコチラ。
b001eyto26.01.jpg

この頃は「うおーすげー、動いてる」と感動したものですが
今見返してみると、やっぱりなんか寂しい。うん。
慣れって怖いね人間。

この後このproject DIVAはどんどんクオリティを上げ
新作を出したりPS3に派生させたり、さらにはなんと
アーケード媒体に登場させたりしちゃいました。
かみくずもゲームセンターで挑戦しようと思ったのですが
すでにプレイしていた人の目と手が怖いくらいに
シュババババと動いてたのを見て悟りました。
「あ、これ自分が踏み入っていい場所じゃないや」と。

そんなこんながあった初音ミク。
鏡音リン・レン、巡音ルカなどの仲間も増えて
その勢いは止まらず。

いよいよPlaystationVITAに登場しました。

どれだけクオリティアップしたんでしょうか。
さて、上の写真と見比べてみよう…。


※せーがー注意


わーお。


わーお。


ミク本体もそうですが、背景もすごく細やかになってる。
エフェクトもかなり綺麗で派手だし、もう色々と進化してる!
数年でここまで変わっちゃうものなんですね。


と、ここにこんなことを言う人がいた。

音ゲーなんだからさ、いくらPVが綺麗だとしても
 ゲーム自体に集中できなかったらダメじゃん。
 後ろで流れてるPV邪魔だよ。別々に表示してよ



わかってない。わかってないな君は。
それこそがこのゲームの醍醐味なんだ。

そう。後ろで流れてるPVについつい気を取られてしまい
ミスを犯してしまうのがこのゲームの特徴。
そして、画面に表示されるボタンマーカーも
これまたあっちこっちにせわしなく出てくるので
そういう意味では容赦のない難易度になってます。

また、このゲームで毎回楽しみなのはルーム機能。
キャラクターの部屋にお邪魔して、いろいろできます。
今作ではタッチ機能を活かしてなでなでしたりできるよ!
ティンときた君は今すぐ要チェックだ!


この「初音ミク -Project DIVA- f」。このたび
2013年3月に追加楽曲を引っさげてPS3にやってきます
衣装も増えるそうなので、PS3ユーザーはチェックしてみてね!

※既存の f ユーザーもDLCによって追加要素を楽しめます。

初音ミク -Project DIVA- F 初回限定特典 オリジナルラバーストラップ 付き初音ミク -Project DIVA- F 初回限定特典 オリジナルラバーストラップ 付き
PlayStation 3

セガ 2013-03-07
売り上げランキング : 8

Amazonで詳しく見る by AZlink


それでは今回はおしまい。バイバイ!


posted by かみくず at 20:00| Comment(0) | オタクのゲーム講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。