2013年01月06日

物語シリーズのセカンドシーズンって何?3



物語シリーズのセカンドシーズンって何?
物語シリーズのセカンドシーズンって何?2
前回、前々回と物語シリーズのセカンドシーズンの作品を紹介して来ましたが
今回はその最後、鬼物語と恋物語を紹介します。
多少ネタバレが含まれる記事になります。
鬼物語 (講談社BOX)
鬼物語 (講談社BOX)
ではまず、鬼物語から紹介しよう。
この作品は、傾物語でパラレルワールドの事件が解決してから起こる物語だ。
しかし他の物語シリーズに比べると、かなりミステリーな要素が含まれている。

まずこの物語で出てくる【くらやみ】というものがあるのだが
これは、今後重要になってくるのは間違いないだろう。
しかしこのくらやみとはいったいなんなのか
今の時点ではまだ不明なままなのだ。
ファイナルシーズンの作品、憑物語でもこの正体はまだ明かされていない。
ただし、あの人物が深く関係している事は間違いないだろう。

今回は、そのくらやみと阿良々木暦、忍野忍、八九寺真宵、斧乃木余接、臥煙伊豆湖
この5人の人物が主に活躍する物語だ。
ただしその5人の中でも、ある1人の人物は
この物語で登場が最後になるかもしれないという、バッドエンドな内容である。

ただしこの作品は、物語シリーズが最終局面へと向かう重要な内容が多く含まれているので
今後の展開を知るためにも、読んでおいてほしい作品だ。

恋物語 (講談社BOX)
恋物語 (講談社BOX)

では次に、恋物語を紹介しよう。
この作品は前回紹介した、囮物語の続きに位置する物語だ。
千石撫子が怪異事件否、神様事件に巻き込まれてからのお話しで
今回も阿良々木暦がそれを解決……ではなく
なんと、貝木泥舟がメインのキャラクターだ。

この作品での阿良々木暦は、ほとんどモブキャラ状態で
貝木がこの事件の解決に乗り出すことになる。
でも、貝木泥舟って誰?良く分からない人のために説明すると
貝木泥舟は、偽物語、かれんビーに登場した、あの詐欺師です。
大きくは、千石撫子と貝木泥舟にあるが
戦場ヶ原と貝木のやりとりも見所の一つだろう。
それと撫子だYO!

実はこの物語も鬼物語と同じく
登場が最後になりそうなキャラクターがいるのだ。
一応はハッピーエンド?なのだが、後味の悪いラストだと思う。
まぁメインキャラクターが貝木ってだけで既に後味の悪さは分かってくれると思う。

ここまで紹介した2つの物語だが
鬼物語と囮物語はファイナルシーズンへと続く、かなり重要な物語だろう。

っと、一応これでセカンドシーズン全ての作品を紹介ました。
なるべく、ネタバレになるような部分は避けましたが
ネタバレをせずに紹介というのは中々難しい。
しかしどれも西尾維新による言葉遊びがよく使われており
物語的にも文章的にも、面白い作品です。
まだ原作を読んだ事がないという人がいたら、この機会に読んでみよう!
posted by これオタ講座 at 18:00| Comment(0) | オタクのマンガ・アニメ講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。