2013年01月05日

物語シリーズのセカンドシーズンって何?2



前回、物語シリーズのセカンドシーズンって何?にて
猫物語(白)と傾物語を紹介しました。
今回は同じく、セカンドシーズンの作品を発売日順に
花物語・囮物語と紹介したいと思います。
この記事は多少ネタバレが含まれています。
花物語 (講談社BOX)
花物語 (講談社BOX)
ではまず、花物語から紹介しよう。
まずは、花物語のメインキャラクターは神原駿河だ。
神原の左手が怪異になっているのは、既にファーストシーズンを見た人は知っていると思う。
この作品は、その左手がなぜ怪異になったのか、どういう経緯で手に入れたのか
ここがファーストシーズンよりも、詳しく書かれている。

その他にも、中学生時代、神原が関った人物との出会い、出来事など
大きくは、神原駿河の過去を知ることの出来る作品だ。

時系列的には、花物語は既に阿良々木が高校を卒業したあとのお話しなので
高校を卒業した阿良々木が、今何をしているのか
そしてセカンドシーズンで新しく登場する忍野…という人物が登場するのだが
それも、他の作品とは、ある部分が違った設定になっている。
傾物語がパラレルワールドなら、こちらは過去と未来が見れる作品だろう。

囮物語 (講談社BOX)
囮物語 (講談社BOX)
では次に、囮物語を紹介しよう。
この作品のメインキャラクターは、千石撫子になる。
千石撫子は、蛇に関する怪異事件に巻き込まれた。
しかし、阿良々木と神原の活躍により、無事にその事件は解決した。
ここまでがファーストシーズンの出来事だ。

セカンドシーズンでは、その事件の続きのようなもので
その事件はまだ全て解決していなく、ファーストシーズンと同じ
また蛇に関する怪異、千石撫子の物語になる。

撫子の普段の生活や、中学校生活などが大きく出ている作品で
なぜまた怪異事件に巻き込まれたのか、撫子はどうなってしまうのか?
ここまでがこの作品で書かれている事だ。

実際にこの事件の結末などは、同じセカンドシーズンの作品でもある
恋物語の方を見るべきだろう。
なので、例えるならば前編後編でいう、前編の部分だと思ってほしい。

今回も2本立てで紹介したが
正直、囮物語は何を言ってもネタバレになりそうなので
あまり深くは書けなかった。
しかし、囮物語は次回に続く、恋物語を見る上では欠かせない物語なので
興味がある方は是非見てほしいと思う。

では次回は、セカンドシーズンの最後に発売した
鬼物語と恋物語を紹介します。
posted by これオタ講座 at 20:00| Comment(0) | オタクのマンガ・アニメ講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。