2013年01月04日

物語シリーズのセカンドシーズンって何?



物語シリーズ、セカンドシーズンが2013年に
アニメ化されるというのはご存知ですか?
僕は物語シリーズは、全て読んでいるので、すごく楽しみです。
そこで今回は、物語シリーズが分からないという方のために
セカンドシーズンの作品別の感想などを話していこうと思う。
なるべくセカンドシーズンのネタバレは含まないようにしたいと思いますが
一部ネタバレも含まれています。
猫物語 (白) (講談社BOX)
猫物語 (白) (講談社BOX)
さて、まずは発売日順に
猫物語(白)について話そう。
こちらの作品は、既にアニメ化もされた
猫物語(黒)こと羽川翼がメインのお話しです。

まず1つ目は(黒)でも出た、羽川の家族関係について。
アニメ化でどこまで表現できるか分かりませんが
(黒)では、【羽川の部屋が無い】としか言ってませんよね。
ではどこでどんな風に生活しているのか。
そして、あの家庭や家はどうなってしまうのか?
まずはこれが一番に出てきます。

そして次に人間関係です。
友達や知り合いに【気持ち悪い】とまで言われていましたね。
しかし(黒)と今回は違い、(白)からは戦場ヶ原が出てきます。
彼女との関係が大きく出る作品だと思います。

そして最後に自分の事。
別名、つばさタイガーという事で、名前の通り、虎が関係してきます。
そのタイガー(虎)とはいったいなんなのか?
これがこの作品の一番の見所でもあるでしょう。

傾物語 (講談社BOX)
傾物語 (講談社BOX)

そして次は、傾物語です。
この作品は、八九寺真宵がメインの作品で
パラレルワールドが舞台となります。
ファーストシーズンを見た方は既にご存知だと思いますが
八九寺は蝸牛の怪異です。
その八九寺がどうして怪異になったのか
そして阿良々木がそれについて、どう思い、どう行動するのか。
これが物語の流れとなります。
そしてもう1人、この物語で深く関係する人物がいます。
それが忍野忍――ではなく、キスショッ……以下略
が出てくるところにも注目したいですね。
通常の物語シリーズでは見れない
パラレルワールドならではの展開が数々出てくるので
とても面白い作品だと思います。

ということで、今回はセカンドシーズンの2本を紹介しました。
僕が一番セカンドシーズンで好きな作品は、鬼物語です。
時系列的には、傾物語はその鬼物語に続く作品となります。
その鬼物語の感想も次の機会に紹介できればいいなと思っています。
posted by これオタ講座 at 18:00| Comment(0) | オタクのマンガ・アニメ講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。