2012年12月31日

ChromeやFirefoxでtwitpicが見れない?Twitter上で不正なソフトウェアを検出



今日の午前四時頃からGoogle ChromeやFirefoxでTwitterにアクセスすると
以下の画面が表示されるようになりました。
原因は、twitpicと言う事です。
1.jpg
警告: 不正なソフトウェアを事前に検出しました。
Google Chrome が twitter.com のこのページへのアクセスをブロックしました。
不正なソフトウェアの配信元として知られる twitpic.com のコンテンツがこのウェブページに挿入されています。このページにアクセスすると、お使いのパソコンが不正なソフトウェアに感染する恐れがあります。
不正なソフトウェアとは、なりすまし犯罪、金銭的な損失、ファイルの完全削除といった問題を起こす悪意のあるソフトウェアのことです。
(Google Chromeより引用)

できるポケット Google スマートに使いこなす基本&活用ワザ 180 [グーグルの便利ワザ160 改訂新版]
できるポケット Google スマートに使いこなす基本&活用ワザ 180 [グーグルの便利ワザ160 改訂新版]
そこで実際に、詳細設定をクリックし、twitpic.comの詳細を開き、調べてみました。

2.jpg
セーフ ブラウジング
診断ページ: twitpic.com

twitpic.com の現在の状況
疑わしいサイトとして認識されています。このウェブサイトにアクセスするとコンピュータに損害を与える可能性があります。

Google がこのサイトを巡回したときの状況
このサイトで過去 90 日間に Google がテストした 12029 ページのうち 0 ページで、ユーザーの同意なしに不正なソフトウェアがダウンロードされ、インストールされていたことが判明しました。Google が最後にこのサイトを巡回したのは 2012-12-30 で、過去 90 日間にこのサイトで不審なコンテンツは検出されていません。
このサイトは 3 個のネットワーク(AS36351 (SOFTLAYER), AS15169 (Google Internet Backbone), AS31815 (MEDIATEMPLE) など)でホストされていたことが判明しました。

不正なソフトの感染を広げる媒介をしていたかどうか
過去 90 日間に twitpic.com が他サイトへの感染媒体となっていた形跡はありません。

サイトで不正なソフトウェアをホストしていたかどうか
いいえ、このサイトでは過去 90 日間に不正なソフトウェアのホスティングは検出されていません。

原因
第三者が正当なサイトに不正なコードを追加したことが原因で、警告メッセージが表示される可能性があります。

次のステップ:
前のページに戻ってください。
このウェブサイトの所有者の場合は、Google ウェブマスター ツールを使用してサイトの審査をリクエストできます。審査手続きの詳細については、Google ウェブマスター ヘルプセンターをご覧ください。
(Google Chromeより引用)


■結果
これを見る限り、誤認の可能性が高いです。
第三者が不正コードを仕込んだのかな?
他のブラウザでは正常に表示されるようです。
ただ問題解決されていない以上、今は念のために踏まない事をオススメします。


ラベル:CHROME TwitPic
posted by これオタ講座 at 07:15| Comment(0) | オタクのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。