2013年01月03日

グーグルのスカウターはどの程度使えるのか 予想してみよう


_59498448_stephn.jpg

グーグルのスカウターこと【Project Glass】が発表されて、けっこー経っています。
googleを作ったオッサンの話では2013年度中にも発売したい といってましたが、スネ夫狩り二世はあまり信じていません。

写真見ればわかりますが、
アイデアやコンセプトは、まさに鳥山明の漫画「ドラゴンボール」に登場するスカウターそのまんまですんで、それほどオオーって驚く感じはしません。

また、手広く手を出してはプロジェクトを潰して、他の企業にアイデアを奪われていくというグーグルの悪しき習慣(他の企業にとってはカモネギ)からみるに、中国企業のどこかに丸ごと技術をパクられて先行販売させられたり、最初の卸先が米軍になったりということもあり得ないことではありません。

このスカウター、どの程度使えるんでしょうか 予想してみましょう。


//--



○戦闘力は測れるのか
_59498452_subway.jpg
相手を見るだけで、その人が何を考えているのか理解する。
人類ならば、ほとんど誰にでもある程度備わっているこの機能を強化するのがグーグルグラスの良い所だと僕は考えています。
しかも無機物にもそれを適応させることができる。
これが本当にできてしまえば、たとえば辞書も地図も財布も鍵も車も持たずに世界一周をすることすら可能になるでしょう。
しかもその間に大学の単位を習得して卒業できたりもしちゃえる感じ。
便利にもほどがありますね。

が、現実はそんなに甘くありません。
基本的な技術性能や社会基盤があんまりにも不足しているからです。

たとえば、ベジータさんがカカロットの戦闘力をグーグルグラスで測ることを考えてみます。
まずスカウターは相手の情報を受信しなければなりません。
それには画像認識が必要ですが、グーグルグラス程度のパワーでは、そこで詰みです。
圧倒的に認識力が足りません。
google Nexus7 32GB ASUS
google Nexus7 32GB ASUS
では衛星を利用して、その場にある情報を更新する場合はどうでしょうか。
グーグル・マップという仲介技術があるため、これは現実的に思えます。
しかし、今この瞬間、どこにあるかも分からないグーグルグラスとその対象の情報を読み取れる位置に衛星が飛んでいて、その処理能力に空きがあり、回線も常時つながっていて、しかも頭の形ぐらいで相手の強さを導きだせなければなりません。
これも不可能な感じです。

では、カカロットさんにもグーグルグラスを付けてもらいましょう。
グーグルグラス同士を無線通信させれば、お互いの情報のやりとりはし放題です。
もはや無理のある設定ですが、この時点でもまだ物理的・技術的制約が一杯でてきます。
まず、グーグルグラスはカカロットさんの戦闘力を知る必要があります。 これは自己申告でなければ、SNSに常時繋げてデータを引っ張ってくるか、体温や体臭、網膜の血流量などからコンディションを導くしかありません。
距離も問題です。携帯電話の中継スポットなみの無線通信パワーをもたせるか、地球の至る所にグーグルグラス用の中継地点を設置しないといけません。
そもそも相手がグーグルグラスを脱げば戦闘力が測れない訳ですから、このアプローチにも問題がありますね。

このように、漫画の世界にたどり着くまでに、まだまだ解決すべき技術的課題は多いです。




○賢者は、情報を隠す

グーグルは間違いなく民間では最も優秀な頭脳が集まる集団の1つです。
ここに、実はグーグルがこの手の商品を出しにくい理由があります。
たとえばかつてグーグルは、今で言うヤフー知恵袋のようなサービスを開始して、ふるわず撤退したことがあります。
また、昨今ではフェイスブックに対抗してgoogle+なるSNSを開始し、これもふるわずに撤退するんじゃないかと思います。

グーグル社の悪い癖なのですが、どうしても、いわゆる馬鹿や情弱向けに簡単な答えを教えるサービスを構築することができない。
おそらく彼らは「こんぐらい自分で調べられるんじゃね?」という先入観に囚われやすく、朝三暮四が未だに通じるお猿さんみたいな消費者が、この世にはまだまだ数十億人いること を、感覚として理解できていないのではないかと思います。

グーグルグラスの成功には、フェイスブックが最初にやったような、いいトコの女子大生のケツを看板にして馬鹿を釣る みたいな汚れ仕事が必要になりますが、恐らくそこでグーグルさんは詰まるのではないかとスネ夫狩り二世は考えています。




○ゲームアプリの不足

_59498450_shop.jpg

アップルストアの構成で、もっとも種類が多く、売上も多いものはなんでしょうか?
実は、ゲームアプリがそのほとんどを占めています。(もしアップルがエロいコンテンツの販売を厳格に禁止していなければ、それも変わったでしょうが)
VHSが出回って最も増えたのはエ□ビデオ屋。
インターネットの検索ワードでも 有名なAV女優 とか、そういうのがまだまだ多いです。
優れたデバイスを渡された人間がまずやることは、それを使って如何に楽しく時間をつぶすかを考えることなんですね。

つまり、エロや出会い系や無駄なメールのやり取りなどが一番。二番目にはゲームや映画や小説などの娯楽。

そういった、実に生産性のない分野が最も人間の購買欲を煽るのです。
この点がグーグルは非常に弱く、アンドロイド・ストアの全面的かつ早急な改革が望まれます。
そうしなければ、グーグルグラスを欲しく思って実際に購入する人は、最初の数10万人のみで頭打ちになってしまい、あとが続きません。
BUFFALO 外付けハードディスク PC/家電対応 (Regza[レグザ]/Aquos[アクオス]) 2TB HD-LB2.0TU2/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]
BUFFALO 外付けハードディスク PC/家電対応 (Regza[レグザ]/Aquos[アクオス]) 2TB HD-LB2.0TU2/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]



○まとめ

グーグル・グラスの2013年での発売、非常に厳しいのではないでしょうか。
出せたとしても、一部のアンドロイド携帯と連動してしか動かない、中途半端な使えないデバイス として、全世界で200万台も売れれば頑張った な感じになるのではないかとスネ夫狩り二世は思います。


次回の発表が望まれますね。



posted by これオタ講座 at 18:00| Comment(0) | オタクの戯言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。