2012年12月26日

トヨタ新型クラウンがまさかのピンク



昨日渋谷ヒカリエにて行われた、トヨタの新型クラウンの発表会
クラウンは初代から数えて今回で14代目になる。
先ほどその発表会の様子を、Youtubeの動画で見たので
今回はその発表会を見た、個人的な感想を書いていこうと思う。
リトルバスターズ!EX クド出没注意ステッカー
リトルバスターズ!EX クド出没注意ステッカー
まず最初の、社長の説明によると
今回の新型クラウンは、デザインと走りに徹底的にこだわったようだ。
そしてエンジンもV型6気筒3.5リッターから直列4気筒2.5リッターにしたという事で
燃費が更によくなり、価格もかなり安くなったとの事。
確かに、先代のクラウンに比べて価格は353万円〜575万円と、100万ほど下がっている。

しかし実際どうだろう、確かに燃費と価格は魅力的だ。
カッコイイかどうかはそれぞれ好みがあると思う。
しかしクラウンは、みんな知ってのとおり高級車だ。
だがあのデザイン……。
フロントがアウディにそっくりだと思うのは、僕だけだろうか?
それになんと言ってもあのピンクはないだろう……。

最近のトヨタのCMはドラえもんの実写が多いが、その影響なのだろうか?
高級というよりは、一般家庭向けな感じだ。
多少クラウンの方向性がおかしくなってきている気がしないでもない。
なんだろう……もうトヨタの高級車はレクサスに絞ってしまうのだろうか。

しかし、とは言っても、燃費と価格がかなり良くなっているのは間違いない
これから国内を新車で検討するならば、このクラウンはかなり魅力的だろう。

新型クラウンが気になる方は
発表会の様子を是非一度見ては如何だろうか?


posted by これオタ講座 at 18:00| Comment(0) | オタクのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。