2012年12月22日

デジ絵を描いて楽しむための基礎講座



今回は絵の基礎講座という事で
まだ絵について詳しくない人のための講座をやろうと思うぞっ!
まずは準備からだ!
Wacom ペンタブレット ガイドブック付きでマンガ・イラストをこれから始める方に最適!  Bamboo Comicスターターパック CTH-470/W3
Wacom ペンタブレット ガイドブック付きでマンガ・イラストをこれから始める方に最適! Bamboo Comicスターターパック CTH-470/W3
パソコンで絵を描く為には、必要な物があるぞ!
もちろん、マウスでも描けるが
マウスで良い絵を描くには、かなりの時間と画力が必要なので
マウスで描くという事をまずは忘れよう!

必要な物
・ペンタブレット
・お絵かきソフト

描くために必要な物はこれだけだ!
■1、なぜペンタブレットが必要か
ペンタブレットを持っていれば、マウスよりも確実に、自分の思った描き方が出来るという事。
ただし、ペンタブレットを持っているだけじゃ、画力は上がらないからな!
■2、なぜソフトが必要か
ここで注意なのが、ペイントというソフトを使って練習をしない事。
なぜかというと、ペイントというソフトは、絵を描く上では、機能がかなり不足している。
ではどういうソフトが必要か?
オススメなのは、Pixiaだ。
こういった、無料のソフトなどを使って、まずは描こう。
もちろん慣れてきたら、SAIやPhotoshopを買っても良いだろう。
■3、絵を描く
まず初めに画力を上げるためにやる事はなんだ?
そう、まずは描くという事だな!
では、どういう物を描けば良いのか?
▲まずは、丸、三角、四角などを描いて、形の練習してみよう。
まだはじめたばかりということで、本当に簡単な丸でもいいぞ!
まずは、ペンタブレットの操作に慣れるという意味でもある。
▲それが思ったように描けようなったら、次は身近なものを描いていこう!
丸を空き缶にしたり、四角をダンボールにしたり
この段階では、とにかく、立体を意識する事が重要。
そして、それも描けるようになったら次へ進むぞ!
しかしだからといって、1日で全てをやる事は無いぞ!
時間がある、1時間でも2時間でも、少しづつ描いていこう!
デジ絵を簡単マスター ペイントツールSAI スーパーテクニック (CDROM付)
▲では次に、人体を描こう。
絵を描くには、人体をまず理解する必要がある。
そのために、僕がオススメするのはこちらのサイトだ。
まずは、いろいろなポーズを意識しながらゆっくりと、しかし確実に描いてみよう。
ある程度ポーズに慣れたら次は、また同じサイトにある
▲30秒ドローイングを使ってみよう。
30秒ドローイングは30秒で絵が切り替わるので
先ほど紹介した1枚絵をうまく描けるようになるまではあまりオススメはしない。
と、ここまで描けたら、もう君は絵が描くのが楽しくなっているはずだ!
頭身や髪型などを調べたり、塗りについて勉強したりしていくといいだろう。
僕の基礎講座はこれで終わりだ!
これから絵を描く人は、参考にしてくれると僕も嬉しいぞ!
posted by 桜市子 at 18:06| Comment(0) | オタクのお絵かき講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。