2012年12月18日

【悲報】小林可夢偉が来期のF1グランプリに参戦出来ないだと・・・


金持って来なけりゃF1乗らせてあげないよん

どうもレースクィーンが大好きな裸の錬金術師です
社内の若い男女に聞いてみました「現役のF1ドライバーの名前誰か言える?」
A君「小林可夢偉」さすがに知ってます
B君「アラン・プロスト」 もういねーし
C子「アイルトン・セナ」 いやこの世にいねーし
その他にも聞いてみましたが、「小林可夢偉」以外知ってるのはいなかったです
一度引退した「ミハエル・シューマッハ」が復帰してまだ走っている事を知らない子までいたのも驚きますが、「セバスチャン・ベッテル」「ジェンソン・バトン」を誰も知らなかったって言うか聞いたことも無いって言われたのは軽くショックでした
でも小林可夢偉はみんな言えば知っていました 流石に漢字を間違えずに書くことが出来た子はA君だけでしたが・・・
今期の第15戦日本グランプリでは、いくらホームであるとはいえ世界の強豪を相手にお世辞にもいいマシンとは言えないザウバーで見事表彰台に上りました 最後まで鈴鹿に行こうか悩んでいたのですが本線の生中継をCSで泣きながら観ていて、行かなかった事をすごく後悔しました
そして「来年の日本GPは絶対にメインスタンドで観戦するぞ」って誓ったのですが・・・・
2012年度の成績だけでも開幕戦オーストラリアグランプリではファステスト・ラップを記録し、第12戦ベルギーグランプリの予選で2番手タイムを叩き出して決勝スターティング・グリッドの最前列に並び、第15戦日本グランプリにおいて遂に3位入賞
表彰台まで上った小林可夢偉が2013年度にはF1に乗れない状況となってしまいました・・・
来季の移籍先として最も有力なチームと考えていたであろうロータス・ルノーは、これまで未定であった2つ目のシートに、ロマン・グロージャンが残留することを18日に正式発表しました
この為に可夢偉がロータス入りする可能性は消滅したということになり今回の「断念」発表を行うことになったものと思われます
ねんどろいど小林可夢偉 がんばれ日本Ver.
ねんどろいど小林可夢偉 がんばれ日本Ver.

ファンから募った「KAMUI SUPPORT」募金によって集められた金額は、17日の時点で1億8,465万5,120円。その他、数週間前に複数の日本企業がスポンサー契約の意向を示し、総額800万ユーロ強(約8億9千万円)の資金を用意できたのですが、それでもトップ・チームが求める「持参金」には足りなかったようです
そもそもこの持参金という物も意味がわからない、多額の資金を持ち込まなければこれまでと同等以上のチームで走ることが出来ないというF1の厳しい現実、そして世界最高峰の選ばれた二十数名が戦うモータースポーツであるはずのF1で、明らかに可夢偉よりも速さで劣ると思われるドライバーがグリッドに並ぶという奇妙な事実を、改めて思い知らされることになりました
F1ファンの人たちはあらためてこの現実に直面した事になります 
特に今シーズンからはF1の放映は地上波では打ち切られて、CS放送のみとなっていますが
この事とあわせて日本国内でのF1人気の落ち込みにかなりターボをかける事になりそうです
PMA 1/43 ザウバー F1 ショーカー 2012 小林可夢偉
PMA 1/43 ザウバー F1 ショーカー 2012 小林可夢偉


ラベル:F1 小林可夢偉
posted by 裸の錬金術師 at 23:47| Comment(0) | オタクのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。