2012年12月18日

寒い冬は部屋の湿度に注意!特に自宅にいる事が多い人は要注意!


まず湿度とは何か?
湿度とは簡単に言ってしまえば、空気中の水分の量だ。
湿度が低いと、乾燥しているという事。
湿度が高ければ、じめじめしているという事。
良く聞くのは野外での湿度だが、部屋の湿度にも注意が必要だ。
特に部屋の中にいる事が多い人には、是非読んでほしい。
Apice アピックス 超音波式アロマ加湿器 【SHIZUKU PLUS+】 モイストホワイト AHD-012-WH
Apice アピックス 超音波式アロマ加湿器 【SHIZUKU PLUS+】 モイストホワイト AHD-012-WH
湿度は高すぎても低すぎても良くないというのは誰もがわかっている事だろう。
例えば、湿度が高すぎるとカビなどが繁殖しやすくなる。

その中でも、本記事で特に注意してほしいのが『乾燥』の方だ。
この季節、寒いからといって部屋でストーブをつけてばかりつけていると、
どんどん部屋が乾燥していくぞ。

乾燥といえば、火災への注意も重要だが、何より気をつけて欲しいのが
病気にについてだ。
乾燥と病気というと、風邪などがたやすく連想できると思うが、そのほかにも乾燥によって引き起こされる病気は様々ある。

・虫歯
意外と思われるかもしれないが、乾燥と虫歯は関係があるんだ。
口の中が乾燥すると唾液分泌量が減る。
唾液には、歯の保護や洗浄、酸への抵抗などといった目的もあり、
これが不足すると虫歯になりやすくなる。

・血栓
血中の水分量が減る為、血栓になる危険性もある。
何より怖いのが、夏場のように汗をかくことなく脱水状態となるから、体内が乾燥しているという実感がないことだ。
何も脱水症状=発汗でないことに注意して欲しい。

そのほかで代表的なのは、ドライアイやインフルエンザといった誰でも知っているようなことだろうと思う。
GAIA ラベンダー・トゥルー 5ml【HTRC3】
GAIA ラベンダー・トゥルー 5ml【HTRC3】
このように、乾燥とはとても怖い状態だ!
換気もせずにいると、自然とその部屋は危険地帯となっている可能性があるのだ。
なので、部屋の換気をこまめにしたりマスクをすることや
加湿器を使って部屋の空気中に、水分を与えたりする事が大事である。
最近はアロマ加湿器などが人気だ。
僕も以前、アロマ加湿器を楽天で購入した。
タンクに水を入れて、アロマオイルを数滴垂らすだけなので
それほど手間はかからないので、オススメだ。
部屋の湿度は50%くらいが理想的だろう。
加湿器をつけておけば、それほど湿度は気にせずとも大丈夫だ。
ただし加湿器を使うときは1時間に1回、部屋の換気だけは心がけよう。

もしも、加湿器をもっていないけど乾燥が気になるときはどうすればいいだろうか?
その時は、すこし絞った濡れタオルを、周囲に干しておくと湿度が上がるのでそうしておくと便利だろう。
濡れタオルは普通のフェイスタオルよりも大きめのバスタオルを使うといいでしょう。
今すぐ加湿したい!という人はタオルを部屋の中でぶんぶん振り回せば、広い部屋じゃ無い限り湿度は行き渡るのでこちらをオススメします。

加湿器に濡れタオル、冬の乾燥対策にどうでしょうか。


ラベル:湿度 乾燥 アロマ
posted by これオタ講座 at 22:58| Comment(0) | オタクの生活講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。