2012年10月20日

【オタクのDTM】パソコンで音楽作ってみないか?

しばらく間が開いちゃったけど久しぶりの音楽講座カテの記事だよ!

最近のポップミュージックの制作において、パソコンは切っても切り離せない存在です。
そしてプロのみならず、今まで音楽に触れたことのないような人でもパソコンを使って手軽に楽曲制作ができるようになりました。(私もそのクチです)

今日はそんなDTM(デスクトップミュージック)についてお話しします。

記念すべき第一回はDTMを始める上での基本的な疑問について取り上げたいと思います。


DTMを始める上での5つの疑問

・楽器も演奏できないし、音楽理論とかも知らないけど大丈夫なの?
大丈夫です。
楽器を演奏できなくてもパソコンのマウスを使ったりして簡単に音を並べることができます。
音楽理論についても最初は知らなくても問題ありませんが、知ろうとする努力は必要です。
また、予め作られた音源を並べるだけの簡単な制作方法もあります。

・最低限必要な物は?
パソコン(WinでもMacでも可)、DAWソフト、やる気、根気
この4つが必要です。
他にも楽器を演奏して録音したい人はオーディオインターフェースやマイクなどが必要になります。
DAWソフトは安いものでも1万くらいしますが、フリーソフトもあったりします。
次回のDTM講座で詳しく解説しますね。

・どんなパソコンが必要なの?
普通のパソコンでOKです。
ただし、ブラウザでネット回覧するだけで精一杯の性能のパソコンでは厳しいでしょう。
これからパソコンを買おうとしている人はRAMの大きさとCPUの速さにこだわってみましょう。
詳しくはパソコン講座を見てね!
ちなみにプロレベルの人はより信頼性の高いワークステーションと呼ばれるパソコンを使ったりしてます。
MacだとGarageBandというDAWソフトが最初からインストールされてるのでお得です。

・DTMって具体的には何をするの?できるの?
作曲、編曲、録音、ミックス、マスタリング…という、音源制作において必要な工程は全てできます。
それらはDAWソフト上で作業します。
何をするかはその人のやりたいこと次第で、作曲だけやってる人もいればミックスだけやってる人もいます。
安いソフトだったりフリーソフトだったりすると、ミックスやマスタリングといった編集作業は苦手ですが、最初のうちはできなくでも問題ありません。(ミックスやマスタリングやりたいって人は問題ありそうだけど…)

・何かできたら便利な楽器ってある?
ギターが弾けるとコードについての理解が深まりやすくて便利です。
ポップミュージックでは多用される楽器なので録音にも使えます。
DTMがきっかけでギターを弾き始める人もい多いので、興味があれば始めてみるといいでしょう。



技術の進歩のお陰でそこそこの資金とやる気があれば誰でも始められる趣味になりました。
昔はシンセサイザー1台買うのに3ヶ月分の給料が吹っ飛んだりしたみたいですが…。(今でもこだわりはじめたらキリないけど…)
それに加え発表の場も広がりましたね。
動画投稿サイトなどで刺激を受けて始めようと思った人も多いはず。
まずは始めてみようという気持ちが大事なのかなぁと思います。

次回はDTMを始める前の下準備について。
必要なもの、あったら便利なものを紹介していきたいと思います。


ラベル:音楽 講座 DTM
posted by これオタ講座 at 22:00| Comment(0) | オタクの音楽講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。