2012年10月12日

【オタクのオーディオ】良いヘッドホンがほしいって?じゃあ1万円用意してこい!

古くからオーディオオタクというジャンルの人間がいますが、オタク全員がオーディオ好きというわけではありません。
でも、最近は別にオタクな人じゃなくてもオーディオに凝ってる人が意外と多い!
特にちょっとした出費で買えるイヤホン、ヘッドホンは熱いです。
今日はオーディオの入り口とも言えるヘッドホンの中でも、特に入門向けのものを紹介していきたいと思います。



紹介する前にちょっとした基礎知識編


オーディオ用ヘッドホンの種類
一概にヘッドホンといってもいくつかのタイプ分けをすることができます。

まずは構造についての分類。
「密閉型」「開放型」
密閉型は外音を遮断し、音漏れも少ないタイプです。
開放型は外の音が入りまくりでしかも音が漏れまくり。
どっちがいいというわけではないですが、開放型は家の中で使うような物に限られますね。

音が出る仕組みについての分類
「ダイナミック型」「コンデンサー型」
ダイナミック型は普通のヘッドホンで、磁石と振動板が付いてるアレ。
コンデンサー型は専用のドライバーユニットがないと動かなくて、STAXというメーカーが主に作ってます。
詳しい仕組みについては無知だから知らないよ!ごめんね!

次のようなタイプ分けもできます。
「ポータブル機」「据え置き機」
ポータブル機はその名の通り外でも持ち歩いて使えるような設計のものです。
対して据え置き機は家の中で使うことが前提で設計されたもの。

最後に用途についての分類。
「リスニング用」「モニター用」「DJ用」
リスニング用は音楽を楽しく聴けるようにチューニングされた、所謂普通のヘッドホン。
モニター用は録音のプロや演奏者がスタジオで使うために設計されたもので、正確な音が出るようにチューニングされたもの。
DJ用はDJプレイで使いやすいように片耳モニターができたり耐久力が高かったりするもの。(デザインが派手なのでDJじゃない人にも人気)


インピーダンスについて
ヘッドホンのスペックを見る上で重要な指標の一つです。
単純に大きければ音質がいいというわけではないですが、大きければ大きいほどノイズは減ります。
ただし、数値が大きくなるに連れて音量を得るために必要なアンプの出力が大きくなります。
普通のヘッドホンでは16Ω〜60Ωくらいとなっています。
一部の高級機では300Ωなんてものもありますが…。


ヘッドホンアンプについて
ヘッドホン用に音声の信号を増幅する装置のことです。
iPodとかヘッドホン端子があるものには全部入ってます。
が、より良い音で楽しむために音楽プレイヤーとは別にヘッドホンアンプを導入する場合もあります。
PCと簡単に接続できるタイプ(ヘッドホンアンプ付きUSB DAC)など、初心者向けのものもたくさんあるのでいつか紹介しますね。


価格について
数百円から20万円まで、様々な価格のものがあります。
スピーカーに比べて上限が圧倒的に低いのが人気の秘訣。
今日は高級機入門と言われる、1万円前後の価格の製品を紹介します。



いざ紹介

家で使うようのヘッドホン

オーディオテクニカ ATH-A500X
audio-technica アートモニターヘッドホン ATH-A500X / オーディオテクニカ
超定番の密閉型入門機。
音質は変な癖がなく誰でも聴きやすく、一聴して高音質とわかるヘッドホン。
装着感は最高で、長時間でも全くつかれません。
かなり大型なので据え置き型ですね。
iPodとかPCに直接接続しても楽しめるので、家用にはまずコレを買いましょう。
予算がある人は上位モデルのA700XやA900Xもオススメです。
(画像をクリックするとこの製品の最安値のAmazon.co.jpのページに飛びます)


家でも持ち歩きでも使えるヘッドホン

SONY MDR-ZX700
SONY ステレオヘッドホン ZX700 MDR-ZX700 / ソニー
バランスの良い音質で使い手を選ばないヘッドホンです。
持ち歩き用としてもデザインされてるので音漏れも少ない安心設計です。
装着感は外でも使えるようになっているのでちょっとかっちりしてますね。
もちろんiPodなんかに直接接続して楽しめます。
iPhone用にリモコンとマイクがついてるモデルもあるよ! ↓
ソニー ステレオヘッドホン MDR-ZX700IP / ソニー

DENON AH-D1100
AH-D1100【税込】 デノン ダイナミック・密閉型ステレオヘッドホン DENON [AHD1100]【返品種別A】【送料無料】
音質は低音がちょっとゴスっと来る感じですが、バランスが悪いとは感じません。
低音重視なヘッドホンはたくさんありますが、不明瞭な音で高音質とは言いがたいです。
でもコイツは中音とか高音も綺麗に鳴らしてくれます。
小さめの見た目ながら耳がすっぽり入って装着感もいい感じ。
低音好きな人へおすすめです。


持ち歩きようのヘッドホン

Panasonic RP-HTX7
Panasonic ステレオヘッドホン(ホワイト) RP-HTX7-W / パナソニック
個人的にはパナソニックの名機。
デザイン性と音質がうまい具合に融合してます。
音は価格なりに若干不明瞭なところもありますが、低中高のバランスが良くどの音も聴きやすいです。
装着感は耳がすっぽり入って長時間でもつかれません。
ポップな外観でカラーバリエーションもあるので自分好みの物を探してみるといいかもしれませんね。
価格も安く、とても買いやすい一品です。

オーディオテクニカ ATH-ES7
audio-technica ポータブルヘッドホン(ブラック) ATH-ES7-BK / オーディオテクニカ
生産終了しちゃったみたいですがまだまだ売ってるのでまだまだ売ってるのでおすすめ品として紹介します。
音は高音が刺激的で、かなりクリアな音です。
ハマると病みつきになるので、生産終了は残念で…。
外観は鏡面のハウジング(指紋が目立つ)が光ってなかなかかっこいいです。
装着感は、パッドが耳の上に当たるタイプなので人によってはキツく感じるかもしれません。
あとは慣れと愛でカバー。

KOSS PortaPro
【国内正規品】 TEAC KOSS オープンタイプヘッドフォン KOSS PORTA PRO1 / ティアック
歴史的名機と言われる逸品。
外観はすごくレトロ(という名の安っぽさ…)だが、それが当時から変わらないことの証明。
……開放型らしいすっきりとした音ですが、低音の方もしっかり出ていてとても聴きやすいです。
そう、開放型なんです…。
常識的な音量で使うのなら大丈夫ですがちょっと爆音だと電車で隣の人の迷惑になります。
ただ、歩いて使う時は周りの音がしっかり入るので安全ですね。
iPhone用のマイクとリモコンが付いたモデルもあります。ちょっと高いけど ↓
ティアック ポータブルヘッドホン KOSS PORTAPRO KTC (KOSS Touch Control) KOSS PORTAPRO KTC / ティアック


以上がこれだけは抑えておけ的な入門用ヘッドホンです。
ネットでポチるのが不安な人は大きい家電屋にでも行ってみよう!
最近はどこも自由に試聴できるところが増えてきました。
いい時代ですね…。


今後の【オタクのオーディオ】では、しばらくは入門向けの機器の紹介をします。
充実したオタクライフの支えになれば幸いです。
ではまた!


posted by これオタ講座 at 18:26| Comment(1) | TrackBack(0) | オタクの音楽講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!
A500Xは本当によいヘッドホンだと
思いますよ〜ボーカルが低音に埋もれず
聴きやすいと思います。
上のモデルはなんとなくいいのかな?
と思うだけです。
Posted by chiachan at 2013年10月20日 21:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。