2012年10月03日

オカルト講座《第2回〜聖ヨゼフの階段〜》

やぁみなさんごきげんよう。
世界には様々な不可解な出来事や不可思議な物が沢山ありますね。オタクだからって二次元の物ばかりに興味があるわけじゃありませんよ?ではその不可思議な物の一つを今回は紹介してみたいと思います。






聖ヨゼフの階段

アメリカはニュー・メキシコのサンタフェにロレット・チャペルという修道院にある螺旋階段の事で、この螺旋階段は支柱がなく、宙に浮いた状態であるにもかかわらず、壊れる事がないという不思議な木製の階段で、現在の建築技術ではおよそ再現することが不可能であるという代物です。
螺旋階段そのものもさることながら、更に不思議なのはその建築に関する経緯であると思います。

この修道院が建設された当時、聖歌隊用に2階に桟敷が設けられていたのですが、スペースが足りなかったため、そこに登る為の階段がなかったそうです。そこで梯子が用意されたのですが、修道女達は登る事を恐がっていたといいます。
そして9日間の祈りに入り、その祈りは聖母マリアの夫であり、職業が大工である聖ヨセフに捧げられたそうです。そして9日目、ロバを連れた白髪の大工がフラリと現れ、螺旋階段を作り上げたといいます。当時手すりはついていなかったのですが、危険な為その後手すりをつけたそうです。

どうですか?階段そのものも経緯もとても不思議なお話です。
いわゆるオーパーツといわれる物の一種ですが、オーパーツに関してはまた後々。

ちなみに現在は保存のため、使用が禁止されているようですが、ここで結婚式を挙げたカップルだけが例外的に螺旋階段に登り撮影する事ができるそうです。結婚の予定はありませんが、是非一度生で見たい物の一つです。

それでは今回はこの辺で。


posted by これオタ講座 at 21:59| Comment(0) | オタクのオカルト講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。