2012年09月29日

リア充のためのジョジョ講座《その1》

やぁみなさんごきげんよう。
今年25周年を迎える「ジョジョの奇妙な冒険」
ネット上では様々な状況でジョジョネタが使われています。あなたたちはにわか知識で知ったかしていると思いますので、ジョジョネタについて少しお話をしてみたいと思います。
まぁあなたたちに「言葉」でなく「心」で理解させる事は難しいかもしれませんがね。



さて、今日はこの3つを覚えていきましょう。


だが断る
(ジョジョの奇妙な冒険 第四部 ダイヤモンドは砕けない) 

非常に有名なこの台詞、第四部、岸部露伴の一言です。AAなどで見る事も多いこの台詞、
これは様々な場所で使われますが、正直本来の使い方とはかけ離れている場合も少なくありません。
本来の使い方として簡単に説明すると

1.相手が「自分は強い」と思っている
2.相手の提案は自分にとって損はない、魅力的である
3.だが断る

と、こういった状況での使い方が正しいのではないかと思われますが、そこまで気にする必要もないでしょう。相手がジョジョオタでない限り。
詳しく知りたい方は原作を読む事をおすすめします。




「さすがディオ!」「おれたちにできない事を平然とやってのけるッ そこにシビれる!あこがれるゥ!」
(ジョジョの奇妙な冒険 第一部 ファントムブラッド)

第一部より、モブの少年2人が放つこの台詞はこのままで使われる事は少なく、ディオの部分を変えたり、そこにシビれる!あこがれるゥ!の部分だけ使われたりと用法は様々です。
深く考えずに使えるこの台詞ですが、長いのが少々使いにくい部分もありますね。




「なっ!何をするだァーーーーーッ ゆるさんッ!」
(ジョジョの奇妙な冒険 第一部 ファントムブラッド)

これは記念すべきジョジョシリーズの第一話目の主人公、ジョナサン・ジョースターの台詞。連載時は「何をするんだァーーーーーッ」となっていたのですが、
単行本化された際の誤植により、田舎者のような台詞になってしまっています。ちなみにその後も長年修正されることはなかったのですが、第68刷目にして遂に修正されたようです。
使う場所はあまりありませんが、有名なジョジョ誤植であるので覚えておいて損はないでしょう。

ではこの辺で。


アリーヴェデルチ




ラベル:漫画
posted by これオタ講座 at 22:17| Comment(0) | オタクのマンガ・アニメ講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。