2012年09月28日

リア充向けボカロ講座≪初級編4≫

さて、段々と最初のつかみの文章を考えるのが面倒になってきたぞ。
まだ第4回だというのに、これでは先が思いやられるな。
第1回〜第3回では有名な曲の内のいくつかを紹介したが、今回はその中でもネタ要素の強い物を紹介しようと思う。
笑える物、意味の分からない物、ネタと言っても様々だが、ボーカロイドの歌は全てが全て、まじめな物ばかりでは無いと言うことを知って貰えたら良いな。と思う。
今回はそんなネタソング5曲の紹介だ。

般若心経ポップ


般若心経。そう、般若心経だ。仏教のアレだ。
般若心経をポップ風にアレンジし、メロディーに合わせて般若心経を歌っている。
ポップな曲調で般若心経を唱えているだけでもシュールなのに、PVの絵柄やその動きも合わさり、シュールさが倍増している。
しかも、こんなネタ満載の曲にもかかわらず、動画の再生数が100万再生を越しているのだから世の中分からない。
ボカロソングのネタ曲と言えば、これが一番有名だろう。


Nyanyanyanyanyanyanya!


般若心経ポップを聴いて腹がよじれた?もう腹筋が痛くて動画を見れない?
まてまて、今回の曲はネタと言っても般若心経ポップとはネタの方向性が違うから安心して欲しい。
タイトルから分かるとおり、この曲は3分47秒間延々と、Nyanyanyanya!!と歌い続けるだけの曲である。
可愛らしいリズムに合わせてニャニャニャと歌うだけ。そう、それだけである。
こんな曲が100万再生を突破していたりするのだから、作詞活動をしている人は頭を抱えたくなるな。
さにこの曲、なんとJOY・DAMでカラオケ配信されている。明るい曲調でテンポも良く、カラオケで歌うにはもってこいの歌だろう。



また、この曲に振り付けを付け、初音ミクが踊っている動画も投稿されている。
1分30秒と短く、可愛い振り付けなのに一度見てみると良いだろう。


ペヤングだばあ


お湯を入れて3分経過。さあ、お湯きりをしてペヤングを食べよう!とお湯を切った瞬間に中身がだばぁ。
そんな経験をしたことは無いだろうか。
このような悲しい事件を題材にしたのがこの曲。曲のあらゆる部分に哀愁が漂っている。
また、この「ペヤングだばぁ」が2012年7月13日にまさかの商品化。正式名称は「ペヤング ネギ塩焼きそば」。
この曲のような悲しい事件を起こさないため、容器が改良され、「だばぁ」しない仕様になっているとのこと。


トルコ行進曲 - オワタ\(^o^)/


一風変わってこちらは「トルコ行進曲」の替え歌。
大事な時に限ってついてない。稀によくありますよね。そんな曲です。


リンちゃんなう!


「リンちゃんなう!」のフレーズが特徴的な電波ソング。
鏡音リンちゃんが好きすぎて妄想を暴走させている変態紳士なミク・ルカさんの様子を描いた曲。
色々と内容について話したいが、見れば分かる




さて、第4回ボカロ講座はどうだっただろうか。
今回はネタ要素の強い曲を5曲紹介したが、楽しんで貰えただろうか。
ボカロ曲にもいろいろなタイプの曲があると認識して貰えただろうか。
このほかにもネタ要素の強い曲はいくつもあるので、是否探してみて欲しい。


<<第3回第5回>>
posted by これオタ講座 at 22:00| Comment(0) | オタクのボカロ講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。