2012年09月25日

リア充向けボカロ講座≪初級編2≫

さあ、第2回ボカロ講座を始めようか。
前回の記事はどうだっただろうか。
少しでもボカロに興味を持ってくれたなら幸いだ。
しかし、あれだけでボカロの有名な曲を全て知っている気になっちゃいけない。
前回紹介した楽曲以外にも、有名な曲は山ほどある。
今回は前回に引き続き、有名な曲を紹介していくつもりだ。

メルト

ボカロ文化初期に投稿された曲で、初音ミク大ヒットに貢献した楽曲の一つだろう。
この楽曲の制作者であるryo氏は現在supercellという音楽グループで活動しており、多数のアニメのテーマソングを手がけるなど、プロとして現在も幅広く活動している。
「ミクの楽曲が好き!」と言っているのに「メルト」を知らないなんて、ただのニワカだ。
ぜひ覚えておこう。


ダブルラリアット

アゴアニキP製作の、巡音ルカの落ち着いた声で歌われる名曲。
作り込まれた歌詞が特徴で、作品公開後42時間で100万再生を達成するという偉業を成し遂げている。
音程が高すぎず、低すぎず、カラオケでも歌いやすい楽曲なのでぜひ歌ってみると良いだろう。


桜ノ雨

halyosy氏製作の、初音ミクオリジナル楽曲。
切ない歌詞の卒業ソングとなっており、実際にこの曲が卒業ソングとして学校で使用されるなど、一時期ニュースなどで取り上げられたこともあった。


結ンデ開イテ羅刹ト骸

ハチ氏製作の初音ミクオリジナル楽曲。
ボーカロイド作品には「かわいい」「切ない」といった曲が多く存在するが、この曲は「違和感」「無邪気」をテーマとしており、他には無い曲調が特徴。
歌詞やメロディー・PVもあわさり、不気味で狂気じみた雰囲気が人気を呼んでいる。


ハッピーシンセサイザ

さて、さきほどの「結ンデ開イテ羅刹ト骸」を聞いて、少し気分が落ち込んでは居ないだろうか。
暗い曲も魅力的だが、やはり明るい曲を聴いていると元気が出てくる。
この曲はEasyPop氏作成の、巡音ルカ、GUMIの楽曲である。
GUMIもボーカロイドの一種で、使用者は他のボーカロイドに比べて少ないものの、そのハスキーだが張りのある声に惹かれるファンも多い。
ハッピーシンセサイザはそのGUMIの代表的な一曲とも言えるだろう。


また、本来のボカロ紹介の趣旨とは外れるが、ハッピーシンセサイザにファンがダンスの振り付けを付けた物がPVとして公開されている。
明るい曲調にマッチしたかわいらしいPVになっているので是否一度見てみると良い。


さて、今回もまた5曲楽曲を紹介したのだが、気に入った曲は見つかっただろうか。
これを期に少しでもボカロ文化に興味を持って貰えたなら幸いだ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
ランキング参加中です!
<<第1回第3回>>
posted by これオタ講座 at 20:08| Comment(0) | オタクのボカロ講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。